Top Page › 最近のニュース › イスラエルとハマス、なぜ交戦? 
2021 · 05 · 22 (Sat) 14:01

イスラエルとハマス、なぜ交戦? 

イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスによる交戦開始から
17日で1週間たった。国際社会では停戦を求める声が日増しに強まるが、
情勢はエスカレートの一途をたどっている。

交戦のきっかけは? 

ハマスが10日、エルサレムの方向にロケット弾を発射したのが直接の引き金だ。
東エルサレムのイスラム教聖地にある「アルアクサ・モスク」ではこの日、
パレスチナ人との衝突が続く中、イスラエルの警官隊が敷地内に突入した。
ハマスは「エルサレムの聖地保護」を訴えてこれに反発した
イスラエル軍はロケット弾への報復として、ガザでの空爆作戦を開始した。

なぜガザのハマスが介入? 

パレスチナ人が暮らすパレスチナ自治区や東エルサレムでは5月22日に15年ぶりの評議会
(議会)選挙が行われる予定だった。しかし、アッバス自治政府議長が4月30日、
イスラエルが東エルサレムでの投票を認めないことを理由に挙げ、
無期限で延期してしまった。ハマスは政敵のアッバス氏の決定に多くの人々が失望する中、
存在感を示すことで自治区内外での支持拡大を図ったとみられる。

ハマスはテロ組織なのに人々が支持? 

イスラエルはエルサレムを「東西不可分の首都」(ネタニヤフ首相)と位置付け、
東エルサレムでは長年暮らしてきたパレスチナ人が当局の措置で自宅からの立ち退きを
余儀なくされる一方、ユダヤ人入植地が次々と建設されている。
イスラム教徒が多いパレスチナ人の間では、当局が「エルサレムのユダヤ化」を
進めているという懸念が強い。
それ故に、ハマスをテロ組織と見なすかどうかは別にして、
「聖地の保護」という主張には一定の説得力があると考えられる。

イスラエルが一方的に悪いの? 

決してそうではない。聖地での衝突をめぐっては、パレスチナ人の一部が投石や花火で
治安部隊を挑発するなどしており、イスラエル当局は「ハマスが扇動した」と見なしている。また、理由は何であれ、ロケット弾発射は明白な敵対行為で、
イスラエル市民が重大な危険にさらされる。イスラエル政府が「自衛権」を主張するのも
一理ある。 ただ、ハマスとは関係が薄いヨルダン川西岸のパレスチナ人や、
イスラエル国内のアラブ系住民の間でもデモや暴動が起きていることから分かるように、
エルサレムの問題は極めて敏感だ。世界各国のイスラム教徒の反発も強い。
イスラエルは今後、エルサレムの問題について「ユダヤ化」と受け止められないよう慎重に
対応することが求められる。


ハマース

イスラーム主義を掲げるパレスチナの政党。1987年12月14日にアフマド・ヤ―シーン

よってムスリム同胞団のパレスチナ支部を母体として創設された

2004年12月に行われたパレスチナ地方議会選挙において過半数の議席を獲得し、

さらに2006年1月のパレスチナ評議会選挙でも定数132の議席中で76議席を獲得した。


ハマスは、日本でも海外でも認知されている 「テロ組織」です。

テロ組織と位置付けるのは正しくないかもしれません。

ハマスは、 攻撃や武力行使を 「正義」と認知しています。

一概に、テロなのか、過激派なのか判断できないのは、

信仰上の観念から来ているので、判断はできかねない という考えからです。


今回のクーデターによって、イスラエルの迎撃が 無差別攻撃と非難され、

ハマスの健闘が素晴らしいと報道されていますが、

実は、これは偏向報道です。

テロ組織の活動が正しいとは言えないからです。

では、なぜイスラエルが悪いという印象で報道するのか?


聖書の黙示録23では、カンナンの時代に 獣が降臨すると預言されています。

獣は、国であったり、個人であるとされているそうです。

その中で、 獣の特徴の中に 「反キリスト」言い換えれば、

「反ユダヤ人」という定義があります。


今世界は、選別の時代に来ていると思います。

この中で、今回の事件について 「ハマス」を肯定する報道の方が

まさに、獣の選別だと思います。


Last Modified : 2021-05-22

Comments







非公開コメント