Top Page › 特集 › サブスクリプション講座 ③
2021 · 05 · 29 (Sat) 18:31

サブスクリプション講座 ③

サブスクリプション導入編


3回目では、サブスクリプションの導入について説明します。
大手だと、動画配信サービスや メニューの宅配サービスなど
身近なものがありますが
今回は、個人が導入しやすいサービスを紹介します。

1.有料メールマガジン

サブスクでは、導入に当たって ツールやノウハウが必要になると
前回の記事で書きましたが、 個人のレベルで導入しやすいのが
「有料メールマガジン」 です。

予め、月額会費を頂いて、会員になってもらい、
期間中会員限定のメールマガジンを発行します。

有名人や、知名度がないと 読者は来ないかと思われがちですが、
例えば、アトピーや精神疾患などの症例で
生活習慣や、食事のアドバイス、心理的管理など
日々の生活不安をサポートするテーマでも出来ると思います。

また、学生向けに、教科別学習内容の配信や、
スキルや資格についての詳細など
専門的な内容が高いほど、有料で配信する価値はあります。

リモート化が進み時代、こういった メンタルケアや学習コンテンツは
需要がかなりあると思います。


2.オンライン学習

有料メルマガの応用編ですが、特定のテーマに絞ってオンラインで学習できる
環境を提供することも出来ます。
メール、スカイプ、電話対応など 顧客に合わせて 様々な連絡手段で
リアルタイムに指導していくサービスです。

メルマガで、基本的な学習内容を配信し、 メールやスカイプで
質問に答えるなど 顧客のニーズに寄り添ったサービスを提供できます。
メールの他、スカイプや電話など使用しますが
実はラインを活用しても可能です。

3.オンラインサロン

サブスクで個別対応していた事を、グループで運営していく
会員限定の交流空間を提供します。

交流の場ですので、提供する側も顧客も自由に発言が出来ます。
オンラインサロンの強みは、 自由な交流から
顧客のサービスのニーズを速くキャッチできるという点です。

会員限定のフォーラムやサイトなどの作成にはいくつか方法があります。

4.受託買い物代行 など

1から3までは、概ねネット上でしたが最後に1つ リアル型サービスを紹介します。
地域によっては、高齢者や介護者など 外出が難しい場合のある家庭もありますが、
そんな家庭に、買い物やゴミを出すなど代行を月額サービスで提供します。

介護サービスなど充実していますが、結構曜日とか時間が限られているので
隙間時間にサービスを提供できると便利かもしれません。


今回は、
『個人で導入しやすい』 優先度でサブスクの実例を紹介しました。

Last Modified : 2021-06-08

Comments







非公開コメント