Top Page › 最近のニュース › コロッケ キルギス国立大の名誉教授に任命
2021 · 05 · 29 (Sat) 19:05

コロッケ キルギス国立大の名誉教授に任命

タレントのコロッケ(61)が28日、都内の在日本キルギス共和国大使館で、
両国の文化交流の功績をたたえた感謝状授与式に出席し、
アラバエフ・キルギス国立大の名誉教授に任命された。

ダウンロード (22) コロッケと同じ所属事務所の演歌歌手・三田りょうが同国の独立記念コンサートに
出演していることをきっかけに、4年前からコロッケも「何か人のためになれば」と
活動を考案。昨年12月、同大学内に無料で日本語を学べる
「コロッケ日本語教室」を開校したことを受け、名誉教授に任命された。
同日本語教室には12~18歳の生徒40人が在籍している。
名誉教授となったコロッケは「日本では、私が絶対にもらえない称号。重圧は感じる」と
恐縮しつつも、やる気満々。コロナ禍の影響で来訪はまだかなっていないが、
「私と言えばモノマネ。ニワトリや犬など動物のモノマネをきっかけに日本語を教えたい。
そこで第2、第3のコロッケを育成できたら最高です」とお家芸である歌手・岩崎宏美
顔芸をしながら、意気込みを語った。 自身がプロデュースする店「コロッケのころっ家」で、キルギスの名産品を使った商品も
構想しているようで、「ハチミツとクルミオイルが有名ですので、
そのオイルで揚げたコロッケに、ハチミツをかけて食べるのもいいかも」と明かしていた。

コロッケさん! おめでとうございます。

(^^

Last Modified : 2021-05-29

Comments







非公開コメント