Top Page › 最近のニュース › 宮脇咲良 HKT48ライブに2年半ぶり出演
2021 · 05 · 30 (Sun) 09:57

宮脇咲良 HKT48ライブに2年半ぶり出演

アイドルグループ・HKT48が29日、福岡・北九州ソレイユホールで1年4ヶ月ぶりとなる
単独ライブ『HKT48コンサート みんな 元気にしとった?』を開催した。
日韓12人組ガールズグループ・IZ*ONEの活動を終え、今月15日に専用劇場で行われた
イベントで復帰報告をした宮脇咲良(23)と矢吹奈子(19)も出演。
2人がHKT48のライブに出演するのは、2018年12月以来、2年半ぶりとなった。

ダウンロード (23)


3曲目の「ぶっ倒れるまで」で登場した宮脇は、ライブタイトルに絡めて
「みんな、元気にしとったー?」と叫び、矢吹は「お昼公演盛り上がっていくぞー!」と
あおる。メンバーとおそろいの制服衣装で歌って踊り、
宮脇は「会場の皆さん、盛り上がる準備できてますか? 今日は最高の1日にしましょう!」と絶叫した。
「メロンジュース」ではヘッドバンギングし、飛び跳ねた宮脇は
「まだ2曲しかしてないんですけど、体力落ちてる」と早くもバテバテ。
矢吹は「こんなにたくさんのファンの方と会えてうれしいです」と目を輝かせると、
メンバーの「かわい~」の声が飛び交った。
矢吹はソロ曲「いじわるチュー」を変わらぬキュートさで歌い、配信を見ているファンは
メロメロに。宮脇は「きょうは大切な仲間とこの曲を歌います」と言って、
かつて自身が単独センターを務めたAKB48の10周年記念シングル「君はメロディー」をHKT48の現役1期生、今田美奈、熊沢世莉奈、下野由貴、松岡菜摘、村重杏奈、本村碧唯、
森保まどかとともに披露。
この日の夜公演では森保の卒業コンサートが行われることから、8人でかみしめるように
大切に歌唱した。 終盤には宮脇が「ハイテンション」をソロで歌うと、オタク役の村重がコールやラップを
担当し、“さくにゃー”のコンビネーションにファンは大喜び。
「生意気リップス」では矢吹と田中美久の“なこみく”コンビも、キャップにスタジャンの
おなじみ衣装で復活し、「私たちを好きになると、やけどするよ」のせりふでもファンを
大いに沸かせ、なこみくWセンター曲「早送りカレンダー」ではメンバーの笑顔も弾けた。 この日の夜公演には森保の卒業コンサートを開催。
宮脇は6月19日に福岡・マリンメッセ福岡 A館で行われる
『宮脇咲良 HKT48 卒業コンサート ~Bouquet~』をもってHKT48から卒業することも
決まっている。

ダウンロード (24)


宮脇 咲良
1998年、3月生まれ。

2011年7月10日、HKT48の1期生オーディションに合格。10月23日に西武ドームで開催された『「フライングゲット」発売記念全国握手会イベント
「AKB48祭り powerd by AKB48 ネ申テレビ」』で、他のHKT48メンバーとともに
お披露目され、11月26日のHKT48劇場こけら落とし公演で劇場デビューした

11月26日発売のAKB48の38枚目のシングル「希望的リフレイン」において、渡辺麻友とともに
ダブルセンターを務める。シングル表題曲のセンターを務めるのは、
HKT48名義を含めて初めてであった

HKT48として「大みそかに予定のあるグループになりたい」という目標を挙げ
平成26年末の第65回NHK紅白歌合戦にHKT48単独での初出場を果たした
Last Modified : 2021-05-30

Comments







非公開コメント