Top Page › 最近のニュース › 小池都知事、過労で入院…「声がかれて」と息切らす
2021 · 06 · 23 (Wed) 07:59

小池都知事、過労で入院…「声がかれて」と息切らす

東京都の小池百合子知事は21日、

新型コロナウイルス対応で緊急事態宣言から

「まん延防止等重点措置」への移行に伴い、酒類の提供を

条件付きで認めることに触れて

「お客がどういう対応をするかがポイント。利用者の協力が必要だ」と述べた。

都庁内で記者団の取材に応じた。東京23区など重点措置の

適用区域では21日から、感染防止対策の徹底を示すステッカーの

掲示などを条件に、午前11時~午後7時まで酒類の提供を認める。

入店客は1組2人以内で、滞在時間は90分以内に限る。

都は今後、国の指標で「ステージ4(感染爆発)」の感染状況が

視野に入った場合、酒類提供の全面停止を再び求める方針だ。

小池氏は「リバウンド(感染再拡大)の方向に向かうと

(酒類提供の自粛要請の状態に)後戻りになる」と呼びかけた。


あらら。 コロナで入院待機の人がいるのに

過労 だけで入院ですか?

「医療逼迫」と叫んでいたのだから、自宅療養が普通かと?


倒れる前の静養で、ゆっくり休んで下さいね。

Last Modified : 2021-06-23

Comments







非公開コメント