Top Page › 最近のニュース › 丸川珠代五輪相、無観客でも五輪ファミリー“別枠”報道
2021 · 07 · 06 (Tue) 20:46

丸川珠代五輪相、無観客でも五輪ファミリー“別枠”報道

丸川珠代五輪相は6日、閣議後に会見。
11日までの期限で東京都などに出されている新型コロナウイルス対応の
まん延防止等重点措置が五輪期間中も延長される可能性が高まっていることを
受けた観客数の対応について
「措置内容を踏まえた対応を基本とする。緊急事態宣言の場合には
無観客もありえるとこれまでも明言している。
(8日にも開かれる)5者協議で協議する」と強調した。 政府や大会組織委では5000人超の開閉会式や大規模会場と
午後9時以降のセッションを無観客とする方向で調整している。

その場合でもIOCやスポンサー関係者などの五輪ファミリー
“別枠”で入場を認めると一部で報じられたが、
丸川大臣は
「報道については承知しているが、具体的な案について何か
議論されているというわけではございません。
5者協議に向けて、それぞれの考えの中で議論されると承知している」と
話すにとどめた。



4日のABEMA『NewsBAR橋下』に出演したスポーツジャーナリストの
二宮清純氏が、橋下氏といわゆる“オリンピック貴族”について議論した。
「観客を入れようとしている理由の一つに、“オリンピック貴族”がいるから
じゃないか、という話がある。無観客でやったとして、
その人達だけが中継に映っていたとしたら、誰のためのオリンピックか、
となってしまう。僕は各国の指導者やその夫人も要らないと思う」と橋下氏。

すると二宮氏は
「IOC委員については橋下さんの意見に非常に近い。
私は1988年のソウル大会から取材をしてきているが、
昔のIOCは本当に貴族の集団だった。それが今や
“パワーエリート集団”になっている。
弁護士出身の人も多い。責任を持って仕切るためには、
少の権威は必要かもしれない。
ただ、何事も程度というものがあって、“衣の下の鎧”が少し見えすぎているのが
不快感を生んだ理由の一つじゃないか。
新国立競技場には貴賓席も含めて、色々な部屋があるので、
そこに“隔離”して、外からは見えないようにすることはできる。

それからIOCとJOC、東京都が結ぶ開催都市契約というのも確かに
“不平等条約”だし、国は財政保証、組織委員会は森喜朗さんによると
“イベント屋”。
やはりIOCが“生殺与奪の権”を握っているのも事実。
しかしIOCというのは、カギカッコ付きかもしれないけど、
平和を推進しているNPO法人。

それに対して主権国家が“ははー”とひれ伏すのは変だと思う。
コロナという非常時にあっても、その開催都市契約を鵜呑みにしないと
いけないのだろうか。これはむしろ橋下さんに聞きたい」。

これに橋下氏は
「もうこういう状況なんだから、何か言い返せないのかなと思う。
賠償責任を負うという考え方の法律家もいるが、
契約はスイス法に基づいていて、不可抗力の場合には必ずしも日本が
全ての責任を負わなくてもいいという考え方になっているという報道も見かけた。

僕は裁判で戦って蹴ってしまえばいいじゃないかと思っている。
賠償金を払わなきゃいけないから開催するなんて、本末転倒。
こんな状況なんだからしょうがないじゃないか、
こっちから辞めてやるぞ、くらいの気持ちで。

そこでIOCのひどさ、オリンピック運営のひどさをぶちまけたら、
もうオリンピックをやろうとする都市も少なくなるだろうし、
そうなればIOCも考えなきゃいけなくなる。

そもそもIOCには放映権料が入ってくるから、放送さえできればいい。
そこで“今回はオリンピック・ファミリーの人たちは競技場の中に
入らないでくださいね。
その代わりに放映権は手に入れてくださいね”という交渉をしてもいい」と回答。
さらに「招致の時のことについては猪瀬直樹さんや石原慎太郎さんにも
話を聞いたが、圧倒的にIOCが力を持っていて、
こっちは徹底してお願いする立場だから、向こうが何か言えば
その通りに決定みたいな雰囲気があるようだ。
舛添要一さんの話によると、都が五輪のマークをレインボーブリッジのところに
出そうとしたら、“何やってんだ、それを決めるのは俺達だ”と
言ってきたという。
僕はその話を聞いて“なんだコイツらは!もう入国させんといてくれ!”と
思った(笑)。
二宮さんが言うように、競技が見られる場所に閉じ込めて、
南京錠を掛けておけばいいんですよ(笑)」と冗談めかして語っていた。
Last Modified : 2021-07-21

Comments







非公開コメント