Top Page › 最近のニュース › 自民・山口選対委員長が政界引退表明
2021 · 07 · 06 (Tue) 21:13

自民・山口選対委員長が政界引退表明

 自民党の山口選対委員長は6日午後、会見を開き、「70歳を1つの区切りと考えてきた」として政界を引退する意向を表明しました。 「次の来たるべき総選挙には出馬をしないという事を決意をしました」
(自民党 山口泰明選対委員長) 自民党の山口選対委員長は地元選挙区内で記者会見を開き、
次の衆議院選挙に出馬しない意向を表明しました。

ただ、「総選挙を勝ち抜くことが使命だ」と話し、
秋までに行われる衆院選に出馬はしないものの、
今は党の選対委員長を辞任する考えはないとしています。 また、菅総理と当選同期の山口氏は衆議院の解散時期について、
「総理の専権事項だ」としたうえで、

「総理はコロナ収束が最優先、裏を返せばコロナが落ち着かなければ
解散をしないとも取れるのではないか」との見方を示しました。
Last Modified : 2021-07-21

Comments







非公開コメント