Top Page › 最近のニュース › バッハ会長 五輪開催に 疑念あった??
2021 · 07 · 21 (Wed) 08:19

バッハ会長 五輪開催に 疑念あった??

国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は20日、
東京で開かれたIOC総会の冒頭で演説し、
東京オリンピック(五輪)の開催に疑念を持っていたことを初めて明らかにした。

バッハ会長は
「延期を決めてから15カ月間、非常に不確実な理由で日々の決定を下さなければならなかった。
私も未来がどうなるか分からなかった」と述べたうえで、
「どんな犠牲を払っても前進すると解釈もされた。しかし、
(もし発言すれば)我々の疑念はその通りになっていたかもしれない。
五輪はバラバラになっていた可能性がある。
だからこそ、我々の胸の内に疑念をとどめなければならなかった」と明かした。

また、陽性になった選手らの情報を公開しないことについて、
IOCの広報担当者は総会後の記者会見で
「医学的な情報なので、これまでもそういう場合は名前や身元が分かるような
情報は出していない」と正当性を主張した。

この日の総会では、大会組織委員会の橋本聖子会長が開幕前の最終報告をした。
橋本会長は記者会見で
「(開催決定から)7年積み上げてきたものがゼロになることもあった。
組織委が存続する以上はしっかりとレガシーを残したい」と話した。

 
五輪史上初の1年延期を経て、東京オリンピック(五輪)の開幕まで16日で1週間となった。
運営の実務を担う大会組織委員会の職員からは口々に、
「延期してまで開催する意義は、何だったのか。
いまは、開催することだけが目的になっている」との言葉が出る。
新型コロナウイルスの感染拡大は収まらず、現場は無力感にさいなまれながら、
目の前の業務に追われている。

組織委が入る東京・晴海のオフィスビルでは、連日深夜まで業務が続く。
14日は東京臨海部に設置予定の聖火台の見学者が密にならないよう、
フェンスの設置と観覧自粛の呼びかけを決め、さらに、一部を目隠しして
見えなくする提案をした。
しかし国際オリンピック委員会(IOC)の反対で調整が難航。
結局、目隠し案はとりやめになり、観覧自粛の呼びかけとフェンスが残った。

昨年春の延期決定からここまで、現場からの提案の多くは退けられてきた。
IOC、政府、スポンサーなど、多くの壁にはね返された。


延期後の準備が本格化したのは、昨年4月1日。
組織委の幹部らが集まった定例の会議だった。
各部署から集められた論点や課題のリストが示された。

菅義偉首相は、都内で行われた国際オリンピック委員会(IOC)の総会に出席し、
開会宣言を行った。

3日後に開幕を迎える東京五輪に向けて、
「(コロナ禍は)ようやく長いトンネルを抜け、出口が見え始めている。
そうした中で東京大会は開催されます。
多くの会場では無観客での開催となりますが、東京大会の意義は決して損なわれるものでは
ありません。
今大会は世界で40億人もの人々がテレビなどを通じて観戦するといわれています。
世界が大きな困難に直面する今こそ団結し、
人類の努力と叡智によって大会を開催することができる、そして成功される、
このことを日本から世界に発信したい」と成功を約束し、
「アスリートの活躍は、若者や子供たちに夢と希望、感動と勇気を与えてくれると
確信している。未来を切り開く原動力となる」と、力を込めた。

またパラリンピックについても
「心のバリアフリーの精神を世界に発信したい」と、述べた。

弁護士の山口真由氏は、テレビ朝日「モーニングショー」に出演。
開催に反対の声があがり、必要性が疑問視される中、感染対策を行うとして
東京・赤坂の迎賓館でIOC・トーマス・バッハ会長らの歓迎会が予定通り
開催されたことについて、
「科学的な問題と、心理的な問題があるとすると、もしかしたら感染症リスクは
科学的には少なかったのかもしれませんが、民間はガイドラインを遵守してても、
開催を決して奨励されているわけでなく、
かなり頻繁に高圧的に止められるところもある」と語った。

司会の羽鳥慎一が「中止された音楽イベントもある」と応じると、
山口氏は「こういった形で開催されると、民間に対してもマスクをして、
きちんと距離をとっていれば、イベント開催しても大丈夫ですと
メッセージを発しなきゃいけないし、これは発してしまったということになる」と指摘した。

そのうえで「これから行われる民間イベントを止める理由、説得性が全くなくなってしまった。
問題は大きかった」と述べ、
羽鳥が「確かに感染しないのかもしれないが、やはりメッセージが伝わってしまうのかなと
いう気はします」と語った。

自粛を守ることがいかに無意味かよくわかる。

Last Modified : 2021-07-21

Comments







非公開コメント