Top Page › 最近のニュース › ふるさと納税 「電気」で返礼品 総務省
2021 · 07 · 26 (Mon) 18:23

ふるさと納税 「電気」で返礼品 総務省

太陽光発電でつくった地元産の「電気」も、ふるさと納税の返礼品として認めます―。

総務省は、太陽光や風力などの再生可能エネルギーで生み出した電気も、
地場産品として返礼品にできると全国の自治体に通知した。

電気の供給契約時に「地元で発電した電気」と“産地表示”することが条件。
返礼品に加えることで再生エネの導入を後押しし、地域の脱炭素化につなげる狙いだ。 ふるさと納税は、応援したい自治体に寄付すると、自己負担の2千円を除いた額が
住民税などから差し引かれる仕組み。

自治体が寄付者に提供する返礼品は「寄付額の30%以下の地場産品」と定められている。



【熱海土石流事故は太陽光発電?】

 
静岡県熱海市の土石流災害で、静岡県は25日、
すでに死亡が確認されていた女性2人の身元が分かった、と発表しました。 身元が判明したのは、いずれも熱海市伊豆山在住の太田佐江子さん(93)と
瀬下陽子さん(77)の2人です。

2人とも行方不明者の名簿に記載されており、行方不明者は6人になりました。
この災害による死者は21人で、全員の身元が判明しています。

静岡県熱海市で起きた大規模な土石流を受けて、静岡県は近く

専門家らによる委員会を設置し、盛り土が崩れた原因や行政の対応が

十分だったか検証を始めることが県の関係者への取材で分かりました。

今月3日、静岡県熱海市の伊豆山地区で発生した大規模な土石流では、

起点とみられる場所で静岡県の推定で周りの土砂を一部含め、

およそ5万5500立方メートルの盛り土が崩れたとみられています。

県は

「盛り土の崩壊が被害を大きくした」とみていて、

近く外部の専門家らによる委員会を設置し、

検証を始めることが県の関係者への取材で分かりました。

当時の雨の状況や盛り土の構造、それに地質の調査などを行って

崩れた原因を明らかにするチームと、盛り土が造成されたいきさつのほか、

熱海市や静岡県といった行政の対応を調査する2つのチームを設けるということです。

そして土砂の崩壊や流出を防ぐ対策が講じられていたかや、

行政の対応が十分だったかについて、検証が進められる予定です。

県などによりますと、盛り土は平成19年に神奈川県小田原市の不動産業者が

県の条例に基づいて熱海市に届け出を行い、造成が始まりましたが、

計画されていた工事がおおむね完了したあとも土砂の搬入が続けられ、

拡大したとみられています。


太陽光パネル どこから?


日本の太陽光パネルの部品も、多くは中国で生産されている。 民間調査会社「資源総合システム」によると、2020年の多結晶シリコンの生産能力は、
中国が年間42万トンで、世界で75%のシェアを占めている。

このうち、新疆ウイグル自治区に工場をもつ中国メーカー4社の生産能力は
計26.7万トン。つまり、新疆だけで世界の48%の生産能力を持つことになる。 一般社団法人「太陽光発電協会」が、日本に拠点を持つメーカー29社を調べたところ、
国内向けの太陽光パネルの出荷量(2020年度)は512万キロワット分に上った。

このうち8割強が中国など海外で生産されているという。 仮に、中国製シリコンを使えなくなれば、太陽光パネルの価格高騰は避けられない。

アメリカが主導する対中国の経済包囲網に、中国製シリコンが組み込まれていく中、
各メーカーはどう対応するのか?

「我々は、農業・太陽光・衣類の部門を含め、グローバルなサプライチェーンにおいて、
あらゆる形態の強制労働の利用を懸念する」 6月13日に閉幕した、主要7カ国首脳会議(G7サミット)での宣言の一文だ。
農業・衣類に並び、「太陽光」への懸念が各国で共有され、その11日後、
アメリカは輸入禁止措置に踏み切った。 背景には、今年に入り、中国・新疆ウイグル自治区にあるシリコン工場で
人権侵害が起きているとの報道が、欧米メディアで相次いでいたことがある。
CNNは、イギリスの大学教授らの報告書を引用する形で、
中国の部品会社「合盛硅業」の「実態」を報道した。 それによると、合盛硅業に代わって地方政府が行っている労働者の採用活動は、
「非自発的な労働を示唆する抑圧的な戦略に基づくもの」とされ、
肉体労働者が1トンにつき42人民元(約700円)でシリコンを手作業で砕いているという。 労働者が軍事関係企業の訓練を受けさせられている疑いもあり、
合盛硅業の工場の近くにはウイグル族の「再教育」のための収容施設とみられる
建物が確認されたという。


どうして、日本は 中国のジェノサイドを認めないのなら、
実際に現地に人を派遣して調査するという事をしないのだろう?

それほど、中国との交友関係を保ちたいのは、
利権なの? ただ、怖いだけ?

今回の解説動画



Last Modified : 2021-07-26

Comments







非公開コメント