Top Page › 最近のニュース › 菅首相「総裁選前の解散あり得る」
2021 · 04 · 07 (Wed) 07:10

菅首相「総裁選前の解散あり得る」

ニュースソースは こちら

菅首相の自民党総裁としての任期はことし9月末で、
衆議院議員の任期満了は10月21日に迎えます。
自民党内では、菅内閣の支持率が低迷して衆議院選挙前に自民党総裁選を行った場合、
菅首相ではなく、選挙に勝てる新しい総裁を選ぶ流れになる可能性もあると指摘されています。

菅首相はまた、新型コロナウイルス対策が最優先だとした上で、
野党が今の国会で内閣不信任決議案を提出した場合、衆議院を解散する大義になるとの考えを
示しました。 日本テレビ・小栗解説委員
「(内閣)不信任案の提出というのは、解散の大義にはなるというお考えでしょうか」 菅首相「そこは当然なると思いますよ。そこになると思います」


菅首相 単独インタビュー 「日米会談で打ち出す事」

問い
「福島第一原発の処理水については、漁連の理解が得られれば、
海洋への放出もやむ無しと お考えでしょうか?」

菅首相
「必ずしもそういう事ではなくて、漁業関係者の方と意見交換をすることは
極めて大事だと思っています。」

問い
「来年の夏にも、タンクの容量が満杯になるということですが、
時期的なメドなど考えておわれますか?」

菅首相
「このまま先送りするのはどうかと思います。
そういう事も含めて意見交換したいと思っております。」

問い
「日米首脳会談が来週に迫っているとの事で、バイデン大統領との初の
対面会談になると思いますが、意気込みは如何でしょうか?」

菅首相
「バイデン大統領から見て、日本は重鎮な国だと考えておられるようです。
日米首脳会談を通じて、まず個人との関係を構築していきたい。
その上で、日米同盟を強くしたいきたい。」

問い
「バイデン大統領はこれまで、人権問題とか経済安全保障の面で、
中国に厳しい姿勢をとってききましたが、
菅首相は、農産物などの 交易の大切な相手国というスタンスを持っていましたが、
菅首相は今後 中国とどう向き合いますか?」

菅首相
「日米同盟が最優先であることは、大切だが
普遍的な価値とか、自由、人権、法の支配に関する問題は
中国にとっても大切に思うべきです。
中国は大切な隣国ですが、日米同盟の中で、中国にも大国という責任を
果たして欲しいと考えています。」

問い
「菅首相はこれまで、バイデン大統領との電話会談で何度も
尖閣諸島の問題について、安保条約の第5条の適用は確認されていますが、
会談で1歩進むということはありますでしょうか?」

菅首相
「電話会談で切り出してくれたのは、バイデン大統領からです。
対面で、一層の確認をしたい。
また、コロナの対応、北朝鮮の拉致問題・核問題についても
忌憚のない意見交換をしたいと思っています。」

阿倍前総理と話し合いをした件について

菅首相
「初の訪米となるので、そこは有意義に話し合いをした。
その中で、台湾について。 これは地域の平和の問題ですから
日米の抑止力の中で、中国・台湾 平和に解決して欲しいと思っています。」

問い コロナについて
「大阪では、まん防が適用されていますが、なかなか感染者数が減りません。
東京でも感染者数が増えている傾向に見えますが、先手をうって
東京にまん防を適用するお考えはありますか?」

菅首相
「感染者数と病床が問題になります。 その点を見て 東京にまん防を適用するかは、
地元の知事、専門家の意見をきいて となりますので、毎日の動向は見ています。」

問い
「まん防は、地元の知事からの要請を受けて適用されるのでは?」

菅首相
「そうではないです。 地元の要望を聞いて最終的には国が決めます。
専門家の意見を聞いて判断するということになっております。」

問い
「尾身会長が、サーキットブレーカー (感染状況が一定水準に達したとき、
抑止策を自動的に発動させる。) を検討すると発表していましたが?」

菅首相
「そういった意見を専門家の中で出ていることは承知していますが、
尾身会長は私たちの中で大事な方々ですが、私はまだ具体案は承知していますが、
政府として密に相談していきたい。」

問い
「内閣不信任案の提出は解散の大義になるのでしょうか?」

菅首相
「私たちは、コロナの抑制を最優先とする中で、 内閣不信任案の提出が
解散の理由になる とは当然思うところにあります。」

ただし、まん防適用中での解散は前向きでない との判断。

問い
「コロナの状況を見るうえで、解散は 一年の後半になるだろうと見られますが、
追い込まれ解散となるとどう思われますか?」

菅首相
「私は、そういう風に考えておりません。
コロナの収束については、やはりワクチンの接種が関係してくると思います。
そういった上で、コロナの対策をしっかりとやる。実行する。
今は、そういう姿勢で取り組んでいます。」

問い
「自民党の総裁選が9月にありますが、自民党内では
総裁選をやって、その盛り上がりで選挙という方向性が高いように見られますが?」

菅首相
「いろいろな声があることは承知していますが、
私はやはり コロナ抑止政策に集中するべきと考えています。」

問い
「その流れから見て、菅首相は 次回の総裁選に出馬する? と?」

菅首相
「そこは、まず結果を出す。その上での判断だと思います。
ただ、状況を考えたら 総裁選の前に解散・選挙もあり得るだろうと考えています。」

問い
「2021東京オリンピックについてですが、
北朝鮮がコロナを理由に、不参加を表明しましたが?」

菅首相
「IOCと組織委員会が対応していくと思いますが、北朝鮮の一方的な表明なので
今後、詳細な確認をしていきたい。私からの意見は差し控えます。」

問い
「オリンピックには、バイデン大統領や習近平国家主席など
外交の場となりますが?」

菅首相
「国賓として来日すれば、対話の場となるでしょうが、
そこは組織委員会の判断となりますので、私からは活発な意見の場となることを
期待したい。」

一部抜粋

菅首相インタビュー全編は こちら



1.大阪は府知事からの要請を受けてまん防適用となったが、
  東京は 国の判断 としたところが
  自民党 VS 都民ファースト という次の国会勢力 抗争かと思った。

2.総裁選の前の解散について。 菅首相は続投の意志が弱いのか?
  よほど、疲弊しているのか? だとしたら国会の真の引率者は誰?

3.オリンピックについて。 スポーツの祭典が、やっぱり政治活動の場になっている
  と明確に。 1月にビルゲイツが電話会談でオリンピック開催を確認したという事は
  このオリンピックで政治的な何かが???

4.北朝鮮のオリンピック不参加について。 アメリカからの制裁が厳しくなってきて
  独立性を誇示したと見られる。 世界の中で孤立しているが
  真実を知っているのは・・・???


インタビューを聞いて、菅首相もやっぱり 駒の1つかと感じた。
その意味で、2021年7月開催の東京オリンピックは何か
大事な転換の意味を含んでいると推測する。
感染者数が減らない状態で開催する方が難しいとされているにも関わらず
開催に向けて準備が進んでいるという事は何か? ある!!!








Last Modified : 2021-04-07

Comments







非公開コメント