Top Page › アフィリエイト › 【アフィリエイト】 アフィリエイトはオワコン?
2021 · 05 · 06 (Thu) 16:27

【アフィリエイト】 アフィリエイトはオワコン?

引用
何人かのアフィリエイターの方は2019年のGoogleアップデートで居なくなりましたね。。 
ユーチューバーの動画も投稿されてません。 アフィリエイトは終わったのですか??

回答
これまでのアフィリエイトサイトは、
「いくつかの記事を投稿して1つの商品を売る」
サイトでした。

ここに、小さいサイト(ブログ)を被リンクとして結合させて
検索ページの上位表示をしていました。

サイトの記事構成
  • 記事A:[激ヤセらくらくサプリ 口コミ]
  • 記事B:[激ヤセらくらくサプリ 効果]
  • 記事C:[激ヤセらくらくサプリ 評判]
  • 他数記事

上記のようなアフィリエイトサイトが稼げなくなった1つの理由が、
検索エンジンのアルゴリズムの進化ですね。

一昔まえの検索エンジンは、記事の質や、サイトの信頼性よりも、

下記の部分を評価していました。

 
検索エンジンは、日々 アップデートされています。
私が認識していたのは、2019年のアップデートです。

今までは、キーワードの数がどれくらい入っているか?
被リンクの数、記事の文字数が重視されていましたが、
AI(人口知能)の導入によって、
内容や、オリジナル性がより、細かく評価されるようになっています。

2020年の検索アップデートでは、
  • サイトに信頼性はあるか(運営歴や良質な被リンクの数など)
  • 執筆者に権威性があるのか(SNSのフォロワーが多いなど)
  • 記事は専門的に書かれているか(他のサイトにはない詳しい内容など)
という点が重要になってきました。

つまり、ブログ記事の量産といった視点でアフィリエイトしていた人からは、
「アフィリエイトはオワコンだ。」という見方ができますが、
個人ブログやファンサイトの延長上で、商品紹介をしている人にとっては
「アフィリエイトはこれからも成長する」という見方ができるのです。

ASP (アフィリエイトの広告を発行するサービス)は、
成長路線を進んでいます。
理由の1つは、ネットで購入する場面が増えた事。
そして、広告費を最適化させたところがアフィリエイトなのです。

YouTube や、今まで無料で利用していたサービスで
広告が増えていませんか?
テレビや紙媒体から、ネットでの情報を受け取る機会が増えているので
アフィリエイトの需要もまだまだ増えているのです。

2021年のアフィリエイト

これからのSEOで重視すべきことは、下記。

  • 執筆者の経歴や経験を活かして、実体験を元にした記事を書く
  • 企業サイトが参入しにくいジャンルや、マネしにくい記事の書き方をする
  • 実際に使ったことのある、本当におすすめできる商品を紹介する

それなので、今まで トレンドキーワードを探したり、
上昇するキーワードから商品を選んでアフィリエイトするのではなくて、

「自分が一番使いやすい、身近な物」をアフィリエイトすればいいのです。

また、アフィリエイトは ゴールではなくて
ビジネスのスタートかと思います。

色々な経験を積んで、さらにステージの高いビジネスに挑戦する
最初のステップだと思います。






Last Modified : 2021-05-06

Comments







非公開コメント